スポンサーリンク



趣味(料理・言語学習)

【翻訳の道】社内産業翻訳からフリーランスへ|リアルなインタビュー

スポンサーリンク

はじめに

翻訳者/家になりたい

翻訳という仕事に興味がある

翻訳者になれる方法を知りたい

という方要チェック!!

「翻訳」という仕事をしている現役の翻訳者/家さんや、過去に「翻訳」をしていた、様々な翻訳分野に携わる先輩方にインタビューをし…

どのように「翻訳」という仕事に携わったか、またオススメの勉強方法や、これから「翻訳」という道に進みたい方へのメッセージなど…「翻訳」という仕事に関するリアルな内容盛りだくさんの記事「翻訳の道」のNo.4です。

↓人気の「翻訳の道No.2」はこちら

「翻訳の道No.4」社内翻訳→フリーランス

インタビュー:國頭(くにとう)延行さん

1、現在どういう形の翻訳家なのか、新卒で翻訳の道は進んだか

フリーランスの翻訳者です。

といっても電子回路の設計と検証が主たる仕事で、関連する仕事として英日翻訳をしています。

大学では電子工学科を学び、卒業後に日本の電機メーカーにエンジニアとして勤務。10年勤務してから外資系に転職しました。

外資系企業では、技術営業職として働きながら電子機器のマニュアル翻訳を行っていました。いわゆる社内翻訳者ですね。

2、どういった経緯で翻訳デビューしたのか

先ほども書きましたが、外資系企業の技術営業職の傍ら電子機器のマニュアル翻訳を行っていました。これが実質翻訳デビューと言えるでしょう。

外資系に勤務時、以前からお付き合いのある出版社から、とある電子部品メーカーが発行している本の翻訳のオファーがあり受諾。約1,000ページある本の約50ページの翻訳を行いました。これがお金を貰った最初の翻訳案件になりました。

外資系に10年勤務したあと、フリーランスの電子回路設計と検証を行うエンジニアとして独立。その時に電子回路設計と検証以外の商材として英日翻訳を入れました。

3、デビューするまでの語学勉強歴や留学歴など

外資系にいたので、英語を使わないと仕事になりません。日々勉強だったと思います。

また、受験料の補助があったのでTOEICをかなり受けました。

留学経験はありませんが、外資系にいたときアメリカ本社に出向し3ヶ月間過ごしました。帰国後1年にわたって、一ヶ月ごとに日本とアメリカを行き来してました。この生活が約2年続きました。

当然ながらアメリカにいるときにコミュニケーションに必要な言語は英語ですし、アメリカの上司にレポートを書くときに使う言語は英語です。このアメリカ本社との仕事で英語の能力が上がったと思います。

4、翻訳のあれこれ

エンジニアに分かりやすい日本語にすることを心がけています。

例えば「earth」。これはエンジニアには「アース」で通じます。

プルーフリーディングをやったときに、この「earth」を「地球」と訳した訳文に出会い、のけぞった経験があります。

楽しさと言えるかどうかは分かりませんが、新しい用語に出会うとワクワクします。

例えば「pigeonhole」。「鳩の穴」ってなんだよ?って思ったんですが、当時使っていた英英辞典によれば、名詞で「整理棚」、動詞で「分類する」という意味がある事を知り、なんだか得した気分になりました。

翻訳者は全員そうだと思うんですが自分が翻訳した文章をお客様から褒められると素直に嬉しいです。

一番嬉しかったのは、翻訳した本を褒めて頂いたことです。その本を買って頂いた方が自分のブログで、「こなれた日本語になっていて分かりやすい」を書き込んでくださっていて、思わずお礼のコメントを書きました。

↓國頭さんが翻訳された、業界内で高評価な訳本はこちらから

https://amzn.to/3vGW5wQ

5、オススメの勉強方法

私の場合、電機業界に関する翻訳が殆どなので、この業界に関する基礎知識は必須です。

この業界の文書を日本語に訳す際、原文をしっかり読み込み、専門書、あるいはGoogleなどで電機業界ではどの様な日本語に訳されているのかを知ることが重要です。これをしっかりやらないと「earth」を「地球」と訳してしまい意味をなしません。

また、英英辞典も必須です。できれば紙の本が良いと思います。

6、翻訳家を目指す方へのメッセージ

産業翻訳は専門知識が必要なのでその勉強が大変だとは思います。

でも一度納品をしてクライアント様に気に入って頂ければリピートの確率は高いです。

是非トライしてみて下さい。

おわり

産業翻訳に興味のある方は、企業にまず就職し専門知識をつけ、翻訳も並行して勉強すると、今後活躍できる幅が広がるのではないかと思いました。

翻訳に携わる方のリアルな声を聞くことで、具体的なイメージが湧いたり、この道へ進むきっかけになれば嬉しいです。

今回ご協力頂いた、國頭さんの事務所WEBサイト

https://debuglab.jp/category/translation/

Followする
ABOUT ME
さらん
留学×旅行×趣味の“リアル”で “ホット”な情報を、皆さんにお届けします‼︎このブログで悩みを解決したり、一歩前に進む“きっかけ”になると幸いです。

スポンサーリンク